検索に対し正しい情報を展開

道に迷ったり、目的地を検索する際、ユーザーが最も
多く利用しているのがGoogleマップです。

Googleマップに自店の情報を登録するにはGoogleプレイスという
サービスを利用するのが従来のやり方、だったようですが今多くの企業は
Googleマイビジネスというサービスを利用しています。

Googleマイビジネスとは、Googleが提供しているサービスで
GoogleプレイスとGoogle+のサービスが統合したサービスです。

Googleマイビジネスに自社の情報を登録しておけば
社名での検索に対し、会社名・電話番号・営業時間が
表示されるようになり、またGoogleマップにも正確にピンが
表示される為、店舗等のローカルビジネスでは、必ず必要と
言えます。

Web制作においても、ホームページのSEO効果も高いと
されている為、ホームページの運営管理においても重要です。

GoogleプレイスとGoogle+統合サービス

インターネットの普及とスマートフォンの普及した現代において
情報を取得することはユーザーにとってとても簡単になりました。

そんな、現代において危惧されることは情報が多くなりすぎた
事により、ユーザーが間違った情報を入手してしまう事です。

そこで、多くの企業がGoogleマイビジネスを利用しています。
Googleマイビジネスとは、Googleマップに登録する為に
利用されるGoogleプレイスとGoogleのSNSGoogle+
のサービスが統合されたサービスです。

GoogleマイビジネスはGoogleアカウントを取得していれば
誰でも簡単に登録できます。

Googleマイビジネスに登録する事によって、社名の検索などに対し
社名・電話番号・営業時間・位置情報等の情報がユーザにより
直接伝えることができ、またスマホユーザーにとっては、検索後すぐに
電話・Webサイトの閲覧が出来るため、より便利でわかりやすく
情報を伝えることが出来ます。

Web制作やホームページの運営管理についても、SEO対策として
効果が高いとされている為、多くの会社がGoogleマイビジネスを
利用しています。

フォームの重要性

モバイルサイトにおいてユーザーをコンバージョンに導くため
メニューボタンが重要だと考えられていますが、最近では
フォームにも同じことが考えられると言われています。

ユーザーがホームページに訪問した際、コンバージョンに
至るまで、ユーザー自身明確な目的を持っておらず
また、フォームにたどり着いても、目的が明確ではない
ユーザーも存在します。

その為、フォームにユーザーが訪問した際、ある程度選択を限定出来る
ようなWeb制作が必要です。

最も主流に使用されているものとして
チェックボックスを利用したシステムです。

ユーザーに目的を選択させることで
コンバージョンにたどり着くまでにユーザー自身の目的が
明確になり、コンバージョン後のユーザーとのエンゲージメント
が高まる効果も期待されています。

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとは、自社の消費者やユーザーとの関係づくり
(エンゲージメントを高める)コンテンツ配信を行う事です。

従来型のマーケティング手法は商品やサービスの情報を配信し、ユーザーにとっては
押し付けられているような感覚を与えていました。
そのような従来型のマーケティングの限界が議論されるようになった。

そこで注目されているのがコンテンツマーケティングです。
ユーザーにとって必要なのは商品やサービス自体の情報ではなく
それを生かしユーザー自身にどの様なメリットがあるのかという事です。

スマホが普及した現在、気になる事や求める情報はネットを使えばだれでも
簡単に入手する事が出来るため、単発の情報に価値がなくなりつつあります。

今後ユーザーにとって必要な情報は、ユーザー自身に気にさせる欲しがらせるような
情報です。
また、上記のような情報を配信する事により、ユーザーとのコミュニケーションを深め
ユーザーのニーズを知らなければなりません。

今現在、Web制作においてコンテンツ配信はSEO対策としての効果も高いため
SNSやブログ等を活用し多くの企業が取り組んでいます。

コンバージョンとメニュー表示の関係

自社のWebサイトに訪問したユーザーを出来るだけ多く
コンバージョンに導くために、メニューバーの表示方法が
Web制作おいて重要視されるようになってまいりました。

モバイル端末でのインターネットへのアクセスが
増え続ける今、ブラウザの小さいスマホなどでは
特に重要視されています。

ユーザーをコンバージョンへと導くのに効果的な
メニューボタンをいくつかご紹介させて頂きます。

【パン屑リスト】
このメニューは比較的に昔からよく使用されるものです。
サイト内において、ユーザーが現在表示しているページの位置を
階層順にテキストリンクで表示させる事によってユーザーは今
サイト内のどこにいるのか一目でわかるため、サイト内で
迷いにくくなります。

【タブメニュー】
このメニューはユーザーが現在、開いている
コンテンツの背景色と選択しているタブの色を
合わせる事により、現状どのコンテンツページを
開いているのかが一目でわかり、またページごとに
色を分けることによって、一つ一つのコンテンツに
注目を集める効果があります。

次世代の広告戦略

様々な企業、会社にとって、ユーザーや消費者へのイメージ・評判の向上は
必ず行わなければならないマーケティング活動と言えます。

しかし、それを行うにはCM等、様々な広告活動を行わなければならない為
莫大なコストがかかってしまいます。

そこで、多くの企業が注目しているのがオウンドメディアという取り組みです。

オウンドメディアとはSNSやブログ等、自社所有の広告媒体を利用した
コンテンツ配信による広告戦略です。

ユーザーや消費者にとって
有益な情報を配信する事によって
イメージ・評判の底上げを行います。

ユーザーや消費者にとって有益な情報とは
商品やサービス、自社が配信したい情報に
付随する様々な情報を配信する事で、ユーザーや消費者が
気にしている事、疑問に思っていることをその場で、解決する事により
他に目を向けさせないことで、より自社に興味を持たせる事ができます。

また、今後のWeb制作はコンテンツ配信を定期的に行う事が
SEO対策として効果が望めるため、注目を集めています。

自撮り写真

ホームページは目的やターゲットによって取るべき対策は異なりますが
訪問者を集める事に関して言えば全てのホームページに共通した課題です。

スマホが普及しSNSが発展してから、多くの企業がSNSを利用しユーザーとのエンゲージメントを
高め、自社のセールスプロモーションにいかしています。

最も多くユーザーを集めているSNSはやはりFacebookですが最近、日本ではInstagramが流行しています。
Instagramは、おしゃれインターフェイスが女性ユーザーに人気が高く写真投稿がメインの情報となっている為
他のSNSに比べ純粋に画像データのやり取りになっています。

また、Instagramは観光客などがよく持っている自撮り棒での自撮り写真を投稿するスタイルを確立させた
SNSです。

この、特徴を利用し自社のセールスプロモーションに成功した企業がユニクロです。
ユニクロは当初、新製品の写真や店舗内の写真などを投稿されていましたが、その頃は
あまりフォロワーは獲得できませんでした。

そこで、製品の写真を投稿する際に商品単品ではなく一般ユーザーが、商品をコーディネートした自撮り
写真の投稿を開始したところ、ユーザーが急増したようです。

Instagramは今年の10月に企業アカウントの機能も設け、解析ツールも導入されたため
今後のWeb制作に大きな波紋をもたらすと予測されています。

今後のWeb制作

グリッドレイアウトとは、コンテンツをカード型の枠で区切るデザインです。
元々、雑誌や新聞などの紙媒体のデザインによく使用されているデザインですが
2012年頃から、Web制作においても主流なデザインとなりました。

2015年はスマートフォンの普及の年と言われており、来年2016年からの
Web制作はPC対応だけではなくスマートフォンやタブレットなど様々な端末に
対応させていかなければなりません。

そこで、様々な端末にホームページを対応させる手法として、レスポンシブデザイン
が主流となっています。

レスポンシブデザインとは、ブラウザの横幅サイズを判断基準としCSSを切り替える
事によってホームページを様々な端末に対応させる手法です。

この、レスポンシブデザインを使用する際にグリッドレイアウトがよく使用されています。
コンテンツを枠で区切る事により情報量が多いホームページであってもユーザーに
整理されている印象を与え、ホームページの表示ブラウザが小さくなってもレイアウト
が崩れにくくなります。

今後、ホームページにおけるモバイル端末からのアクセスは更に増えると予想されており
モバイル対応をさせていないホームページを管理されている方は早急に対策を考える
必要があると思われます。

 

パララックスデザイン

スマホ・タブレットの普及に伴いホームページを見た時に画面をスクロールするユーザーが
増えてきています。
それにより、これまでのファーストビューでのデザインよりもスクロールビューを重視した
ホームページが増えてきたいます。

スクロールビューが重視されるようになってからシングルページでデザインするホームページも
増えてきています。
1ページでホームページをデザインすることによりユーザーはホームページの内容をスクロールする
だけで簡潔に理解しやすくなりました。

また、シングルページでWeb制作を行う際「パラックスデザイン」が流行しています。
「パララックスデザイン」とは視覚効果を利用したデザインでスクロールの動作に応じて
複数のボックス(レイヤー)を異なるスピードで表示させる事によりページに連続性を演出し
立体感や奥行きを感じさせるデザインにすることが出来ます。

ホームページに動きをつけることによりユーザーの興味を引きホームページの内容にも
興味を持たせる効果が高まります。
よって、短期間のキャンペーンや早急に浸透させたい商品などのPRぺーじとして効果が高いため
多くの企業で使用されています。

ホームページを成功させる3つの条件

Web制作で成功している企業の多くは以下の3つの事を重視しています。

【デザイン】
ホームページにおけるデザイン性とはいかに見やすく伝わりやすいかという事です。
訪問者がホームページを開いてから次のアクションを起こすまでは約3秒程度だと言われています。
つまり最初の数秒間で利用者の興味をひかなければなりません。

【使いやすさ】
これは、ホームページを利用者する消費者がいかにサイト内で迷わずに情報を入手出来るかという事です。
つまり、ホームページの情報は訪問者に与えるのではなく見つけてもらうイメージで掲載する事がポイントです。

【文章力】
ホームページの情報とは結局のところ画像と文章の二つしかありません。
訪問者が気になってしまうような「キャッチコピー」や「文章」が訪問者を引き付けるポイントとなります。

1 2 3 4 5 8 9